最近、僕は朝5時に起きるようにしています。貴重な朝の時間に余裕があるのは誰にとっても有意義なものですよね。

以前は朝起きるのが苦手で、いつまでたっても布団の中から出られないことばかりでしたが、始めてみると意外と気分よくすっきりと起きられるものなのです。

今回は僕流の早起きになるポイントをお伝えします。

朝5時起きにした理由

5時起き生活にした理由はただ一つ、こどものためなのです。

こどもが夜寝てくれない

2歳の長男が夜になっても寝てくれない。これは以前からの悩みでした。

こどもと言ったら昼間思いっきり遊んで疲れているので、夜ごはんを食べたあたりから眠くなりだして、21時くらいに布団に入ったら朝までぐっすり。

これが幼児期における一日の基本スケジュールだと思っていましたが、うちの坊やは全然違っていました。

21時。寝室を暗くして、さぁ寝よう! という時間なのですが、まったく寝る気配などなく、22時、23時になっても元気ハツラツ! 元気があるのはいいことですが、さすがに夜は寝てほしいものです。

疲れていないと寝てくれない

あたりまえのことですが、こどもは疲れていなければ眠くもなりません。大人だってそうです。

今は奥さんが2人目を妊娠中ということもあって、不要な外出はほとんどしていないみたいなのです。一日ずっと家の中で過ごしています。動くといっても部屋中を走り回ることくらいしかできません。要は体力が有り余っているのです。

大人が先に寝るしかなかった

もう解決策は大人が先に寝ることしかありません。うちの場合はこれでした。

21時を過ぎたら「もう寝る時間」という環境を作ってあげるようにしました。それまでにお風呂に入れて、布団を敷いて、オモチャや絵本も片づけさせます。とにかく、選択肢は「寝ること以外ないんだよ」という雰囲気にしてしまいます。

あとは電気を暗くして、大人は布団で寝たふり。というか気が付くと先に寝てます。特に僕は寝付くの早いらしい。

夜中たまに目が覚めると、こどもも自分の布団で寝てくれてます。

大人より多少は長く起きているみたいなのですが、何もやることがなければ仕方なく寝るみたいですよ。

早く寝るようになった結果、早起きになった

以上の理由から21時過ぎには妻にうながされて、しぶしぶ床に就きます。遅くても22時までには夢の世界へ行っているはずです。

早い話、2時間早く寝るということは、2時間早く起きられるということです。

以前まではこどもが寝た後も、しばらく起きていましたからね。0時に寝て、朝7時前に起きる生活でした。その時と比べると2時間ほど早く寝ていることになります。その分、起きるのが2時間早くなって5時に起きられるようになってしまったというわけです。

こどもが夜中にうなったりするせいで、もともと眠りが浅いということもありますが、朝は自然と目が覚めることが多いです。

夜は何もできない

デメリットがあるとすれば夜は何もできないということですね。仕事から帰ってきて、ごはん食べてお風呂に入ってちょっと落ち着いたら、もう就寝時間です。テレビをゆっくり観る時間はまったくありません。

せめて夜にも自由な時間を、ということでスマホでパズドラなんかをやって抵抗してはいますが、妻に怒られるだけです。

その代わり早く起きられるので、まだ子どもが寝ているその時間を自由に使っていろいろやりましょう。

習慣化できるのか

なにごともそこがポイントです。よい習慣も続けなければ意味がありません。三日坊主にならないようにしなければいけませんね。

まとめ

  • 2時間早く寝れば2時間早く起きられる。
  • 夜は何もせずに早く寝る。
  • やりたいことは朝起きてからやる。
スポンサーリンク