Office365Google+のようなグループウェアを多くの企業で取り入れつつあります。また、Slackのようなビジネスチャットツールの導入も進んできていますね。

こうしたSNSツールをビジネスで活用して社内コミュニケーションを活性化させようという取組みには賛成です。便利なツールはどんどん取り入れていけばいいと思います。

ところで、SNSといえばTwitterでもFacebookでもプロフィールにアイコンを設定しますよね。社内SNSでもアカウントにアイコン画像の設定ができるのですが、あなたの画像の著作権は大丈夫ですか?

アイコンを利用する目的

なぜアイコンを利用するのかと言えば、アイコンを見ただけで誰からのメッセージなのか、誰の投稿なのかがわかりやすいからです。アイコン画像はその人を印象付ける大切な要素です。

TwitterやFacebookなどを見ると、本当にさまざまなアイコンがありますよね。アイコンを見ただけで、その人の個性があふれてくるようなアイコン画像も多いです。

アイコン画像はどんなものにしてる?

プロフィールのアイコン画像に使用している素材はさまざまですが、僕の感覚的にはこんな感じかなと思います。

  • 自分の写真
  • 自分で摂った写真(動物・花・物・風景など)
  • オリジナルのイラスト・似顔絵
  • 好きな文字
  • 好きな有名人の写真
  • 好きなアニメ・漫画のキャラクター

ただし、自分の顔写真をアイコンにしている人は少ないという印象があります。海外の方は平気で自分の写真を投稿しますが、日本人はやっぱり自分の顔写真を投稿することに抵抗を感じる方が多いようです。

恥ずかしがり屋な日本人は、インターネット上に自分の写真を載せるっていうのは不安なんですよね。facebookでは顔写真を利用していてもTwitterでは顔写真を利用しないという方が多いのではないでしょうか。

著作権と肖像権


どんな画像をアイコンにセットするかというところで問題になるのが、画像自体の著作権肖像権だと思います。

自分が映った写真や自分で撮影した写真、自身で描いたイラストであれば問題ありませんが、インターネット上で探してきた画像にはたいてい著作権があります。また自分で撮影した写真であっても有名人が映った写真などには肖像権が絡んできます。

こういった著作権や肖像権を考えていくと、Twitter上で利用されているアイコンはNGのものが多いということになってしまいます。実際にNGでもみんな平気で使ってますけどね。

相手を指摘しても、余計なお世話だと相手から嫌われるだけで僕にはなんのメリットもないので強く言ったりしませんが…。

プライベートとビジネスは区別しよう

百歩譲ってプライベートでは許せても、社内SNSで他人の著作物を利用するってのはどうなのでしょう?

僕的にはナシだと思っています。企業の姿勢が問われます。でも実際には結構みんな使っちゃってるんですよね。僕が関わりのある企業をいくつか見ていても、実際によくあることです。これでいいのかと思ってしまいます。

単に著作権に対する知識がないからなのか、理解していてもやっているのか、理由はいろいろだとしてもダメです。

ルールはルールです。ルールを守れない社員、その社員が所属する会社は、やっぱりルールを守れない会社ということになってしまいます。

でもね、けっこう年配の方とかでも普通に好きなキャラクターの画像をアイコンにしていたりして、わざわざ指摘して険悪なムードになるのもなんかなぁって感じだったりもします。みんな楽しんでやってるわけですし。難しい…。

社内SNSのアイコン画像はどうする?

社内SNSは社員、もしくは取引先くらいしか共有されません。であれば、普通に自分の顔写真を使っても良いのでは? と思ってしまいます。

それでもやっぱり抵抗があるというのであれば、自分の撮った写真や自作のイラストなどにすればいいです。著作権フリーの素材写真を利用することもできそうですし、選択肢は多いと思うのです。

会社としてのアイコンのルールをあらかじめ決めておくのがいいかなと思います。あくまでビジネスで利用するSNSのアカウント情報ですから、ある程度会社の方で取り決めをしておく方が後々もめたりしないかなと思います。

既にSNSを導入していて、アイコンも好き勝手になっている手遅れ状態の場合にはけっこう面倒ですけどね。

さいごに

今回は、社内SNSにおけるプロフィールのアイコン画像の著作権などについて考えてみました。

ビジネスで利用するものですので、一般的なルールはしっかり守って運用してほしいなと僕は勝手に考えています。

愛着のわくアイコンを自作してみるというのもいいと思いますよ。

スポンサーリンク