辛すぎることで話題のブルダック炒め麺ですが、チーズ味も同じように辛いのでしょうか?

今回、チーズ味を調達してきましたので、さっそく食べてみたいと思います。

チーズプルタックポックンミョン

辛いことで有名なインスタントラーメンのブルダックポックンミョン

ブルダックポックンミョンは、辛さや風味の違いでいろんな商品が販売されていますが、今回はチーズ風味のチーズプルタックポックンミョンです。

日本語に訳すと「チーズ風味の辛い鶏風味炒め麺(焼きそば)」のような感じでしょうか。

パッケージのトリさんは、チーズを持って幸せそうな表情をしているように見えますね。

チーズで辛さもまろやかになるので、辛いといってもおいしく食べられるという期待を高めてくれます。

辛いのが得意ではない僕でも完食できるでしょうか?

袋に入っている麺と付属品はこんな感じです。

液体スープと最後にかけるチーズパウダーが入っています。

辛い液体スープは好みに合わせて量を調節できますので、僕のように激辛が苦手な方でも安心して食べられそうですね。

チーズプルタックポックンミョンの作り方

基本的には通常のプルタックポックンミョンの作り方と同様です。

1.沸騰したお湯600ml(3カップ)程度に麺を入れ、約5分間茹でます。
2.お湯8スプーン程度を残して、ほかのお湯を捨てます。
3.液体スープを入れて弱火で約30秒間炒めます。
4.火を消し、モッツァレラチーズ粉末をふりかけて、よく混ぜてお召し上がりください。


袋にはハングルで書いてあります。一応少しだけ読めるので、Google翻訳も使いながら日本語訳しました。

僕の説明と袋の番号とは合っていませんが、説明をわかりやすくするために分けてあります。

さあ!食べてみよう

今回はチーズのまろやかさを期待して、液体スープは全量入れましたよ! 大丈夫かな?

見た目はこんな感じです。よく混ぜてから食べます。

チーズの匂いが漂ってきて、とてもおいしそうに感じます。

へッブルダックのときは、湯気だけでむせ返ってしまいましたが、こちらはいい匂いです。

数口食べてみた感想としては、「おいしい」ということです。

辛いには辛いのでしょうけれど、チーズの旨味と麺自体の甘味もあるのでおいしく食べられます。うま辛、ぴり辛というイメージでしょうか。

念のため、冷たいお茶や水をすぐ飲めるようにたくさん準備していたのですが、ほとんど飲まずに完食することができました。

辛さは後からやってくる

突き抜けるような辛さを恐れていましたが、まったくそんなことはなく、おいしくいただくことができました(個人の感想です)。

しかし、最後に冷たいお茶を飲んだところ、そのあとが辛くて辛くて、お茶、牛乳、牛乳、水と水分をたくさん摂ってしましました。

食べているときから、唇のヒリヒリが気になっていたので辛いのだろうなとは思っていたのですが、感覚が麻痺してしまっていたようです。やっぱり辛かったです。

気が付けば、鼻の頭に汗をかき、頭皮も心なしか毛穴が開いたような感覚がありました。

辛さに自信のない方は、液体スープの量を調節した方がよさそうですね。

さいごに

今回はチーズプルタックポックンミョンをご紹介しました。

このシリーズの中でも、チーズは食べやすい方なのではないかと思いますので、機会があればぜひ挑戦してみてくださいね。

今度、別の味もレポートしますね。

スポンサーリンク