2017年5月以降、日本でもヒアリ発見のニュースが何度も報道されています。刺されると死亡することもある猛毒の外来種などと言われると、どうしても不安になってしまいます。

特に小さなお子さんをもつ子育て中の方は、子どもがヒアリの被害にあわないか心配なのではないでしょうか。

まずはヒアリについてよく理解して、親として子どものためにできることを考えてみたいと思います。

うちの子はアリが好き


2歳半になるうちの子のマイブームの一つに「アリの観察」があります。近くの公園で遊んでいるとアリをたくさん見かけるのですが、ある日アリの巣を発見してしまったことから始まります。しかも1つや2つではなく、4つも5つも入口のある大きなアリの巣です。

その日以来、公園に行くとブランコやすべり台など後回しで、「ありさん、おうち」と言って喜んでアリの観察ばかりしています。一つの物事に興味をもって観察する我が子の姿勢に対して、親が邪魔するのは違うなと思っていたため、いつも近くで見守っていたのでした。

ところが、一連のヒアリ報道を目にするたびに、毎回なんとも言えない複雑な心境になります。まさか公園にはヒアリはいないのでしょうが、どうしても不安になります。

まずは知ることから、ということでヒアリについて自分なりに調べてみました。

ヒアリとは

まずはヒアリの基本情報です。

ヒアリ(学名・Solenopsis invicta、別名・アカヒアリ、火蟻)とは南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に属するアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されている。英語名は“Red imported fire ant”、単に“fire ant”と言う場合、トフシアリ属のアリ全般を指すこともある。
主にアルカロイド系の毒と強力な針を持つが、人間が刺されても死ぬことはまれで、痛み・かゆみ等の軽度の症状や、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹等の重い症状が出る場合もある。命の危険があるのは、アレルギー症状の中でも特にアナフィラキシーショックが起きる場合で死亡することもある。そのため殺人アリと呼ばれることもある。
引用元: ウィキペディア – ヒアリ

ヒアリの外観

体長2.5~6mmと大きさはさまざま。
赤茶色で腹部は黒っぽい赤色。
引用元: 環境省 – ヒアリの国内初確認について

ヒアリの習性

土でアリ塚を作って住んでいます。場所は、農耕地や公園などの開放的なところに多く見られるようです。
直径25cm~60cm、高さ15cm~50cm程度のドーム状で、最大で高さ90cmとも言われています。

日本の在来種でアリ塚を作る種はいないようですのですので、巣で見分けはつくと思います。

世界で発見されているヒアリ

南米中部が原産のアリですが、環太平洋諸国を中心に生息が確認されています。
中国、台湾などでも生息していることがわかっているため、日本への侵入を注意する必要があります。
引用元: 環境省 – ストップ・ザ・ヒアリ

全国のヒアリ発見状況

現在、ニュースなどで報告されている発見状況をまとめました。
6都府県、8カ所で発見されています。

2017/10/07時点の情報です。
情報が最新でない場合がありますのでご注意ください。

2017/5/26 兵庫県尼崎市

中国広東省広州市からのコンテナの中 から。
ヒアリ500匹以上
女王アリ2匹

2017/6/16 兵庫県神戸市 神戸港

中国の広東省広州市からの貨物船で運ばれたコンテナの中から数匹を発見。その後地面の亀裂から。
ヒアリ100匹以上
その後6/21 アカカミアリ100匹発見
※アカカミアリの毒性はヒアリよりは弱いとされています。

2017/6/27 愛知県弥富市の名古屋港・鍋田埠頭

6/23に中国広東省広州市の南沙港から到着したコンテナの外壁から。
ヒアリ7匹

2017/6/29 大阪府大阪市の南港

先にアカカミアリが見つかったため緊急調査した結果、7/4ヒアリを発見。
ヒアリ50匹程度
女王アリ1匹

2017/7/3 東京都品川区 大井埠頭

中国広東省から香港経由で日本へ到着したコンテナ内。
ヒアリ100匹以上
7/13 コンテナ床板にヒアリの巣を確認

2017/7/10 愛知県春日井市 パナソニックエコシステムの工場内(内陸部初)

中国 南沙港から香港経由で名古屋港へ到着し、その後名古屋港飛島埠頭からの貨物で到着。梱包材の中から。
ヒアリ 6匹

2017/7/11新潟県長岡市 その後ヒアリではないと判明

フィリピンからの船便で届いた梱包材の入った段ボール箱の中からアリ数十匹が見つかるが、調査の結果、ヒアリではなかった

2017/7/14 神奈川県横浜市 横浜港本牧埠頭のコンテナ置き場

コンテナ近くのアスファルトの亀裂から
ヒアリ700匹以上
その付近ではサナギや幼虫などがそれぞれ100匹以上、羽の付いたオスも発見される。
=>2017/9/2 周辺2キロ範囲を調査の結果、新たな発見がないため調査を終了

2017/7/16 茨城県常陸太田市 工業団地 その後ヒアリではないと判明

台湾の高雄港を出て7/3に東京港青海埠頭に陸揚げされたコンテナで、7/12に搬送された2つのコンテナの中から。
ヒアリ 24匹 と思われたが、調査の結果ヒアリよりも毒性の弱いアカカミアリだったと判明

2017/7/21 福岡県福岡市東区 博多港アイランドシティ

コンテナ置き場のアスファルトのくぼみから
ヒアリ 約50匹

2017/7/25 大分県中津市内 運送会社の敷地

北九州市から荷物を陸送する車両に付着した可能性

2017/7/27 福岡県福岡市東区 博多港

中国から輸入され、7/24に陸揚げされたコンテナから
ヒアリ 約30匹
男性作業員が左腕を刺される被害が発生。皮膚に発疹が現れたが、病院で診察を受け、健康に問題はない。

2017/8/6 岡山県 倉敷市玉島乙島

水島港国際コンテナターミナル 中四国地方初
ヒアリ 約200匹
女王アリ2匹

2017/8/10 埼玉県狭山市

川越狭山工業団地 物流センター 貨物の梱包材から
中国広東省広州市黄埔港発、香港経由、東京港着
ヒアリ 1匹(死骸)

ヒアリがもたらすヒトへの影響

毒性が強いため、お尻の毒針で刺された場合、アレルギー反応により死に至ることもあると言われています。

刺されるとやけどのような激しい痛み

漢字で「火蟻」という名前が付けられたとおり、刺されると火傷(やけど)のような痛みが生じると言われています。

急激な容体の変化が現れたらすぐに病院へ

ヒアリの毒に対する反応には個人差があります。刺されたからと言って直ちに死に至るケースばかりではありません。
刺されたときにはまず安静にし、急激に容体が変化する場合にはすぐ病院へ行ってみてもらうという認識でいましょう。

症状別の対応

軽度: 刺された部位の痛みやかゆみ

刺された瞬間は激しい痛みが走ります。やがて刺された部分が痒くなります。10時間ほどで膿ができます。

中度: じんましん

刺されて数分~数十分後には刺された部分を中心に腫れが広がり、部分的、または全身にかゆみを伴う発疹(じんましん)が現れることがあります。

重度: 呼吸困難・血圧低下・意識障害

刺されてから数分~数十分の間に息苦しさ、声がれ、激しい動悸やめまいを起こすことがあり、進行すると意識を失うこともあります。
これらの症状が出た場合には「アナフィラキシー」反応である可能性が高く、処置が遅れると生命の危険も伴います

参考: 環境省 – ストップ・ザ・ヒアリ

ヒアリに刺された場合の対処

刺された直後

20〜30分程度は安静にし、体調の変化がないか注意します。軽度の症状のみで悪化する様子がなければ、ゆっくりと病院を受診しても大丈夫です。

容体が変化したとき

症状は急速に進むため、とにかく一番近い病院を受診します。
「アリに刺されたこと」「アナフィラシーの可能性があること」を伝えてすぐに治療してもらいます。

参考: 環境省 – ストップ・ザ・ヒアリ

親として対応すべきこと

あまり神経質にならなくても大丈夫

発見場所を見る限りでは、現時点で一般の人がヒアリを目にする機会はほとんどないと言えそうです。

海外からのコンテナが設置されているような港では、殺虫スプレーやベイト剤などで駆除の対策が行われているはずです。
しかし、コンテナの底面など気づかない箇所に付着していたヒアリが輸送によってさまざまな土地へ移動してしまうということは考えられそうです。

今後の情報には注意が必要

2017年に入ってヒアリが初めて確認されてから、いろいろな箇所で発見が相次いでいますが、おそらくそれ以前から日本へ侵入して棲みついていたアリもいると思います。

現時点では、近所の公園などで目にするアリはヒアリではないと自信をもって言えますが、今後の状況には注意した方がよさそうです。

子どもを守るのは親の役目

これらの内容は、小さな子どもにとっては理解できない内容でしょうから、子どもが公園などでアリの観察を楽しんでいるときには必ず親が近くで見てあげるという配慮が必要だと思います。

まとめ

ヒアリは全国各地で発見されつつありますが、まだ発見場所は限定的です。必要以上に不安になったりする必要はないと思います。
近所の公園などで見かけるアリは日本にもともといる在来種ですので、子どもには安心してアリの観察をさせてあげましょう。

ただし、今後の状況次第ですのでニュースを注意してチェックした方がいいと思います。
これからも安全で快適な「アリの観察」が継続できる日本であってほしいなと願っています。

スポンサーリンク