Google Homeベースの着せ替え時などにベースを取り外す必要があると思います。

この記事では、Google Homeの本体からベースを着脱する方法取り外してみた様子についてご紹介します。

Google Homeのベースは簡単に取り外せる

Google Homeベースは案外簡単に取り外せます。電源プラグを抜いた状態で、本体を軽くひねるようにすると取り外すことができます。

電源プラグを抜く

はじめに本体に接続されている電源プラグを抜いてください。これをしないと始まらないです。

ベースを取り外す

ベースパーツと上部パーツを持って、軽くひねるようにすると簡単に取り外すことができます。

取り外した様子

本体とベースはマグネットで固定されていました。

スピーカー部分


スピーカーのパーツは前面に大きいものが1つ、それより少し小さなものが左右に1つずつの計3つあります。スピーカーについては専門知識がまったくないので、どれがどのような役割なのかはわかりません。

保守用のマイクロUSBポート


背面部分にはmicroUSBの接続口が付いていました。こちらは、デバッグ・プログラム用に利用されるものだそうです。

電源供給用に使えるかもと思い実験してみましたが、実際にはPCなどから電源を取ることはできませんでした。試しに、電源ON時にUSBコードを挿してPCと接続してみましたがこちらも認識されず、一般ユーザーには用途はないのかもしれません。

戻す時もかんたん

分離した本体とベースパーツをもとに戻すのも簡単です。分離と反対の手順でくっつけてあげると、マグネットで固定することができます。

さいごに

今回は、Google Homeの本体からベース部分を取り外した様子をご紹介しました。

機器を分解するのとは違いますので、気軽に行っても問題ないと思います。ネジを外したりするような分解にも興味もありますが、壊れたら嫌なのでやりません! やりたい方は自己責任で行ってくださいね。

Google Homeは、長く愛用していくために、気軽にベース部分の着せ替えができるようになっているのですね。

Googleストアではさまざまなベースパーツが販売されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク