辛いことで有名なプルタックポックンミョンにはいろんな味が登場しています。

そんなシリーズの中のひとつに、ブルダックポックンタンミョンがあります。辛いタンメンという時点でなんだかヤバそうではありますが、今回もチャレンジしてきました。

ブルダックポックンタンミョンとは


通常のブルダック炒め麺に「」が入ったタンメンタイプのスープラーメンです。


パッケージに書かれた説明ではこんな感じで書いてあります。

ブルダックポックンミョンがスープラーメンに生まれ変わった!

  • とろみスープで楽しむ新感覚スープラーメン!
  • スパイシースープにモチモチ麺!
  • ごはんを一緒に混ぜて食べると珍味に!

袋の中に入っているものはこんな感じです。

麺、液体スープ、後入れ粉末スープが入っています。麺は通常よりも少し太めになっています。

ブルダック炒め湯麺の作り方

調理方法
1.水500mlへ液体スープを入れて煮込みます。
2.お湯が沸騰したら麺を入れて5分間以上煮込みます。
3.火を消した後、後入れ粉末スープを入れてよくかき混ぜてお召し上がりください。

※後入れ粉末スープは必ず調理後お召し上がり前に入れてください。

粉末スープを後から入れることは、パッケージの表にも大きく書かれています。

キャラクターのトリが「粉末スープは必ず! 調理後入れて下さい。」と言っています。それだけは重要なポイントらしいですので必ず守らなくちゃという気になりますね。

今回はいつもと作り方が違っていて、辛い液体スープを先にお湯へ投入して、それから麺を入れるんですね。


辛いスープの中で麺をぐつぐつ煮込むのは、なんともエキサイティングですね。大丈夫かな?

さぁ、食べてみよう!

完成しました! さっそく食べてみましょう。

スープがある分、たしかにピリ辛ですが、ブルダック炒め麺とは違った辛さですね。辛いには辛いですが、辛いのはスープの方なので、麺だけ食べる分にはそこまで激辛には感じませんでした。

スープを飲むとやっぱり辛いので、辛さを追求していない方は飲み干す必要はないでしょう。

麺は少し太めで甘味があっておいしいです。もちもちしていて歯ごたえがあるので、個人的にはすごく好きです。

麺とチーズとの相性がいい

後半は、麺だけ取り除いてチーズを入れて食べてみました。とろけるチーズを入れてレンジで軽くチンします。

いろんな味でチーズを試してみましたが、個人的にはこのブルダック炒め湯麺のチーズ入りが一番おいしかったですよ(個人の感想です)。

さいごに

今回は、タンメンタイプのブルダック炒め麺についてご紹介しました。

機会があれば、ぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク