突然掛かってくる不動産関連の迷惑な勧誘電話。1社から掛かってきたと思うと、同時期に次々と同じような内容で複数社から電話が来る場合もあります。

もしかして、僕の個人情報が漏洩・流出している?

今回は、不動産投資の営業電話の個人情報はどういう経路で知られてしまっているのかについて考えてみたいと思います。

なぜ名前を知っているの?

「はじめまして、○○さん」と営業マンは馴れ馴れしく電話をしてきます。

おい、まて。なぜオレの名前を知っているんだ? オレはおまえを知らないぞ?

営業マンは名簿リストを見て電話を掛けてきます。名簿にどのような情報があるのかは個人によって違うかもしれませんが、僕の場合はたいてい次の項目です。

  • 氏名
  • 電話番号
  • 住んでいる都道府県
  • 年代(20~30代)

たったこれだけです。ですから相手は、僕がどんな仕事をしているかや年齢について聞き出そうとしてきます。マナーのない方に至っては、年収勤続年数なんかもガツガツ聞いてきます。僕はそういう質問に対しては、まず答えませんけどね。

ところで、名簿リストにあった個人情報は、どこから入手しているのかと相手に聞くと、「ビジネスマンデータからです」などと言います。

ビジネスマンデータとは

ビジネスマンデータというのは相称で、社会人の個人情報リストと考えてください。その名称だけでは、情報の出所を確認することはできません。

ビジネスマンデータを販売している個人情報提供会社名簿販売業者)があって、その会社から名簿リストを購入した不動産会社が電話をしてきているにすぎません。

情報の販売は、個人情報保護法の第三者提供の範囲内で行われるものですので、違法ではありません(僕は法律に詳しくありません)。

ですので、電話してきた不動産会社に対して、その点だけで詐欺扱いするのは見当違いということになってしまいます。

個人情報販売会社の存在

名簿業者とはどういう会社かというと、さまざまな個人情報を他社へ販売することで利益を得ている会社です。

不動産関連の名簿だけではなく、通販関連の名簿だったり、ダイレクトメール、自動車購入者や高級料亭の利用者名簿とかいろんなものがあるそうです。

そういった名簿リストに自分の名前が載っていたということです。

なぜ名簿業者に自分の名前が?


では、なぜ名簿に自分の名前があったのかという疑問があると思います。自分の情報を名簿業者が買ったからリストにあるわけですが、その情報はどこかの誰かが売ったというわけです。しかし、ここから先は追求が難しいんですよ。

相手に聞いても、そこまではわからないと言われたり、知っていても教えてくれない場合もあります。

ここから先は仮説になりますが、可能性はこんな感じかなと思います。ただし断定はできません。

同業の不動産会社から売られた

たとえば、投資系マンションのモデルルームを見学に行き、購入に至らなかったとします。その後数回は営業さんからフォローがあるかもしれませんが、見込み客から外れてしまって関係が切れた場合。

他にも、街頭で不動産関連のアンケートをやっていて代償にクオカードなどをもらうようなケースや投資セミナーの最後にアンケートを書いたというようなケース。こちらも数回は営業さんからフォローの電話があって勧誘されますが、見込み客ではないと判断された場合。

会社にとって個人情報は大切な資産です。個人情報を記載する際には必ず、書面などに注意事項が記載されています。その中に、おそらく情報の第三者提供を許諾するような内容が含まれていたのではないでしょうか。

そういった項目にチェックをするか、署名をしていたとすれば、その会社から別の会社へ情報が売られたとしても、本人の同意済みということになってしまいます。

個人情報保護法から見ても、その点に関しては問題ない情報共有ということになってしまいます(しつこいようですが、僕は法律に詳しくありませんけど)。

不動産会社に勤めている個人からのリーク(流出)

一番迷惑なのは会社ではなく、その会社に勤めている個人からの情報横流しのようなやり方です。

会社で再利用不可となった顧客情報を金銭目的で名簿屋へ売ってしまうという話です。企業のコンプライアンスには違反していると思いますので、追求して明るみに出たら会社の信用問題として訴えることができそうですね。

しかし、この場合には誰がやったのかの追求はかなり困難だと思います。自分に関係のある不動産会社は把握できても、関係者一人ひとりは把握しきれないからです。世の中にはいろんな人がいますからね、困ったものです。

不動産会社が倒産して個人情報が売却された

レアなケースですが、こういう場合もあると聞きました。過去に何度か勧誘営業されたことのある不動産会社が経営破綻したなどの場合、資産が他社へ売却される際に顧客情報も資産として移譲されることが多いそうです。

しっかりした同業の会社であれば顧客管理には問題ないのですが、異業種の無責任な会社だったりすると情報を持っていても仕方ないので名簿業者へ売り払ってしまうというケースもあるみたいなのです。本当にやめてほしいですね。

以上は可能性から考えた仮説です。ほかにもいろんなパターンが考えられそうですが、大切な個人情報はむやみに他人へ教えない方がよいということです。

さいごに

今回は、不動産投資の勧誘電話はどこから個人情報を入手しているのかについて考えてみました。

自分の名前が記載された名簿が出回っているというとあまり気分はよくありませんよね。

個人情報は一度預けると、後から回収することはほぼ不可能だと思います。信頼できる相手にのみ提示するように普段から気を付けたいものですね。

ちなみに僕は、名簿業者へ電話して情報削除の依頼をしてみたことがあります。

スポンサーリンク