生活

「前ならOK」は幻想!満員電車でリュックを前に抱えて安心しているアナタ!

投稿日:

街中ではリュックを背負った人を多く見かけますね。まさに空前のリュックブーム。

最近はビジネスシーンでもリュックを背負う人が増えていて、スーツスタイルでも似合うビジネスリュックというジャンルもあるほどなんです。

こんなやつ↓↓↓

そこで問題となるのが、電車に乗るとき、特に通勤・帰宅時の満員電車に乗るときの「リュックどうする?」問題

リュックを背負ったまま乗るのはさすがにマナー違反という認識は多くの人が持っているようで、胸の前に抱える人が多いようです。

でもね、「リュックを前に抱えればOK」というのは幻想なんじゃないかと思うのでここに書きます。

リュックで電車に乗るときのマナー

リュックを持っている人なら、乗車時の「リュックどうする?」問題について考えたりしませんか? 僕もプライベートでリュックを使うので気になります。

一般的なリュックマナー

一般的に混雑した車内の場合には、リュックを前に抱える網棚の上に載せるというのがマナーとされているようです。

車内アナウンスなどでもそのように案内している鉄道会社がありますよね。

それでみんな、前に抱えたがるんですよ。やっぱり自分の手元に置いておきたいですからね。満員電車だと網棚まで到達できない人も多いですし。

前リュックのメリット

リュックを前に抱えることにはそれなりのメリットもあるんです。

リュックを他人に開けられるのを防ぐという防犯上のメリットもありますし、乗り降りする人の邪魔にならないように自分でコントロールすることが簡単になりますからね。

ひとまずこれでマナーは守ってるぞって感じで一安心じゃないですか。

前でも迷惑に思う人がいる


ところが、前リュックでも嫌がる人は少なからずいるんですよね。「前に抱えていてもリュックは邪魔だ」という人がいるんです。

言い分はこうです。

リュックは背負っていても前に抱えていても、荷物自体の体積は変わらないのだから、前リュックにする意味はあまりない。

まぁ、結局のところ、そう思われちゃうんですよね。

中に入っている荷物の量にもよりますが、リュックってスペースをとるんです。

極端な話、リュック1個分のスペースに人が1人格納できる場合もあるんですよね。

特に満員電車のように身動きの取れない空間では、その微小なスペースであっても貴重。少し空間に余裕があるだけで、殺伐とした車内でも一息つけるんですよ。

そんなわけで、リュックは前でもダメ! と思っている人は案外多いみたいなんです。

手で持って下げるのがベスト!


僕が考える一番ベストな方法は、リュックの紐を手で持ってビジネスバックやハンドバックのように下におろすという持ち方です。

これだと上部のスペースが空くので、混雑時でも比較的迷惑にならないと思います。

ただ、リュックがある程度大きい場合には下におろして持っていても邪魔に感じられてしまうかもしれません。まぁ、結局そこはビジネスバックでも他のバッグでも同じなので仕方ないことです。

片手がふさがることになるので、リュックのメリットである「両手が空く」という恩恵にはあずかれませんが、そこは我慢するしかないでしょうね。

お互いの気配りが大切

  • 前の人のリュックが大きすぎて邪魔だ!
  • 隣の人のビジネスバックの角が当たって痛い!
  • ハンドバックを肩掛けしてるのがぶつかってる!
  • おれの分のつり革が取られてつかまる場所がない!

電車は満員電車に限らず、いろんな不満が起こりやすい場所なんですよね。

結局のところ、お互いが周囲に気配りをもつことが大切なんです。

みんな、自分のことばかりで他人のことなんて考えてないんですよ。自分の荷物は大事でも、他人の荷物はどうでもいいっていうか…。

二度と会うことがない人なら、迷惑に思われてもいいってわけではないのです。お互いが少し相手のためを考えてあげるってだけで、みんなが気持ちよく過ごせると思うのです。

自分の行動で相手がどう思うか、相手はどうされたら喜ぶだろうか。一人ひとりの心が少し変わるだけで世界は変わっていくと思いますよ。

さいごに

満員電車内でのリュック問題について勝手に語ってみました。

電車内でのリュックの扱い方には、リュック利用者と非利用者との間に大きな感覚の違いがあるなと思ったので書いてみました。

こういう記事を書くと、「おまえはリュックをわかってない!」とか「全リュックユーザーを敵に回した!」とか言い出す人がいそうですが、まぁ許してください。

僕はビジネスでは手持ちバッグですが、プライベートではリュックを使うことがありますし、リュックは好きなんですよ。

みんなが気持ちよく電車に乗れるように、まずそのリュック、おろしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ニィ

楽しく生きてる30代。雑記ブログで月14万PV。お仕事SE×ブロガー×甘党なのに激辛好き×なるべくキレない二児の父。

-生活

Copyright© 誰かさんのタメイキ , 2018 All Rights Reserved.