AIスピーカー比較

Google HomeとAmazon Echoに「おはよう」と言った結果を比較したよ

投稿日:2018年2月2日 更新日:

おはようございます、Niです。

朝のあいさつは家族や友人間だけでなく、大事なビジネスマナーのひとつでもあります。朝のあいさつで一日を気持ちよくスタートしたいものですね。

AIスピーカーも家族の一員みたいなものですから、「おはよう」と声を掛けてあげるとちゃんと反応してくれるんですよ。

今回は、Google HomeとAmazon Echoに「おはよう」とあいさつをしたときの反応を比較してみましたのでご紹介します。

はじめに

Googleホームとアマゾンエコーそれぞれに「おはよう」と一言だけ問いかけて、どんな回答が返ってくるのかを数日間比較しました。

スマートスピーカーの回答内容は記事投稿時のものですので、今後のアップデートで仕様が変更される場合もあります。

それでは、どうぞ~。

「おはよう」と言った結果

Amazon Echoの場合

アレクサ、おはよう

2018年1月29日

おはようございます。中国由来の暦の、七十二候では、1年の最後の区切り、末候にあたる、「鶏始乳」、で、鶏が卵を産み始める時期です。日照時間は鶏の産卵に大きな影響があるそうで、たしかにこのところ、日が少しずつ長くなってきたようです。

2018年1月30日

おはようございます。1961年の今日、米国の宇宙ロケットに乗ったチンパンジーのハムが、打ち上げ地点から676キロ離れた宇宙空間で生きていることが確認されました。ハムはレバーを引いてライトを点滅させ、地上に無事を知らせる訓練を受けていました。

2018年2月1日

おはようございます。1953年の今日、NHKが、日本初のテレビ本放送を東京地区で開始しました。国産第1号テレビはシャープ製で、価格は175,000円だったそうです。ちなみに、当時の国家公務員の初任給は、8,000円程度でした。

2018年2月2日

おはようございます。1998年の今日から、郵便番号がそれまでの3から5桁から、7桁になりました。郵便番号は、東京から離れるほど数字が大きくなります。起点は皇居で、その所在地、東京都千代田区千代田の郵便番号は100-0001です。

Google Homeの場合

OK Google、おはよう

おはようございます。○○さん。
現在の時刻は○時○○分です。
○○区は現在○度、晴れです。今日は予想最高気温○度、最低気温○度、晴れですが夜は曇りでしょう。
では素敵な一日をお過ごしください(ではよい一日を)。
最新のニュースをお伝えします。
NHKニュースから最新のニュースをお伝えします。
(選択されているラジオニュースが開始)

Google Homeでは、若干の言い回しの違いはあるものの、毎日同じ内容を教えてくれます。

比較してみて

両者の結果をまとめるとこんな感じです。

Amazon Echo

  • あいさつ
  • 今日にちなんだマメ知識

Google Home

  • あいさつ(名前付き)
  • 現在時刻
  • 天気予報
  • 結びのあいさつ
  • ニュース再生

Amazon Echoの方はあいさつの後、毎日その日にちなんだ話題を選んで教えてくれていますね。個人的にはマニアックな内容だなとも思いますが、新しい発見を与えてくれそうな気がします。

一方、Googleホームでは、あいさつも含めて毎日ほぼ定型の流れとなっています。あいさつの後、現在時刻、現在の天気と一日の天気を教えてくれて、さらに自動的に朝のラジオ放送まで流してくれます。ラジオニュースの選局はデフォルトとして設定したものが流れるようです。

個人的にはGoogle Homeの方が好きかなと思います。やっぱり朝はなにかと時間がないので、いちいち「天気教えて」「ニュース流して」などと指示しなくても自動的に教えてくれるのはとても便利だと思います。

ただ、ラジオニュースの再生は好みが分かれそうですね。毎朝、ラジオを聴くのが日課になっている方であればいいと思うのですが、ニュースはテレビで観るという方にとってはいちいち「ラジオを止める」という動作が必要になってしまいます。ちなみに僕の場合、ラジオは聴かなくてもいい派なので、いちいち止めてます。

両者とも朝のあいさつは個性が違って、一長一短といったところかもしれませんね。

「おはよう」はカスタマイズできる

ここまで書いておいて、何を言い出すんだと思うかもしれませんが、「おはよう」と言ったときの動作は実はカスタマイズすることができます。

Amazon Echoには定型アクション、Google Homeにはショートカットという機能がそれぞれあり、どちらも定型キーワードを言ったときの動作を指定することができるのです。

たとえば、Amazon Echoで「おはよう」と言ったときは部屋のライトをつけて天気予報を教えてもらってニュースを再生させるなんてことも可能です。Echoでは一度に3つまでのアクションを指定することができます。ただし現時点で選べるのは、スマートホームニュース再生天気予報と限定的です。

Google Homeのショートカット機能の場合は、「おはよう」といったときに余計なあいさつなしに指定したアーティストの音楽を再生させるなんていう好みに合わせた使い方も可能です。Google Homeでは現在、一度に1つのアクションしか指定できないので使い勝手は限定されそうですが、普段できるリクエストなら何でも指定することができます。

両者とも、自分がどんな使い方をしたいか考えていろいろ楽しめるのもいいところですね。

さいごに

今回は、Google HomeとAmazon Echoに「おはよう」と言ったときの反応についてご紹介しました。

朝は一日のスタートとなる大切な時間です。スマートスピーカーと一緒に素敵な朝を過ごせたらいいですね。

これからスマートスピーカーの購入を検討される方の参考になればと思います。

  • この記事を書いた人

ニィ

面白く生きたい30代。物販営業で全社1位になるが違和感を感じてIT系に転身した人。雑記ブログで月12万PV。システムエンジニア×ブロガー×甘党なのに激辛好き×プチ宗教研究家。なるべくキレない二児の父。

-AIスピーカー比較
-,

Copyright© 誰かさんのタメイキ , 2018 All Rights Reserved.