迷惑メール

詐欺「AMAZON.CO.JP あなたの答えを待って、(メールアドレス)」迷惑メールに注意!

2020年2月24日

またまたAmazonからのメールを装った詐欺メール(フィッシングメール)が届きました。

カードや登録住所が変更されたことで情報が更新できなかったという連絡なのですが、偽の内容なので気にしなくて大丈夫ですよ。

とりあえず今回のメールは、

  • メール開封だけでは何も起きない!
  • URLクリックでも心配なし!
  • ログインや情報入力したらマズい!

という感じです。

詳しく見ていきましょう。

「あなたの答えを待って、 (メールアドレス)」

こんなメールです。

Amazon あなたの答えを待って 詐欺 フィッシングメール

Amazonからの通知を装った詐欺メール

タイトル: あなたの答えを待って、(メールアドレス)
From: AMAZON.CO.JP
本文:
Аmazon お客様 (僕のメールアドレス)

Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazon アカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

Аmazon ログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

お知らせ:
パスワードは誰にも教えないでください。
個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください

どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon
引用元:迷惑メール

えっと・・・タイトルの意味はさっぱりわかりませんけど、本文を読む限りはとても深刻そうですね。

24時間以内に対処しないとアカウントが停止されると脅してくるわけですよ。

ただ、このメールは偽物のメールで、実際にはAmazonのアカウントにはおかしなことは起きていないのです。

個人情報を入力させて盗み取るフィッシングメールですので絶対にURLにアクセスしないようにご注意ください。

詐欺サイトの実態はコレ!

とりあえず気になるので、さっそくアクセスしてみました。

絶対入力しちゃダメなログイン画面!

Amazon あなたの答えを待って 詐欺 フィッシングメール

本物そっくりのログイン画面

なんか本物っぽい雰囲気が漂うログイン画面なので入力したくなりますね。

でもやめておいた方がいいです。Amazonのアカウント・パスワードを盗まれちゃいますから。

Yahoo!やGoogleアカウント情報まで盗まれる!

Amazon あなたの答えを待って 詐欺 フィッシングメール

Yahoo! JAPANの認証画面

Yahoo!メールでログインしたところ、なんとYahoo! JAPANのアカウント認証画面が登場!

すごく本物っぽく見えますけど、実際には偽物の認証画面です。

AmazonのパスワードのほかにYahoo!アカウントのパスワードまで盗む魂胆です。手が込んでますね~。

Amazon あなたの答えを待って 詐欺 フィッシングメール

Gメールでログインしてみる

試しにGmailアカウントでログインしてみたのですが…

Amazon あなたの答えを待って 詐欺 フィッシングメール

Googleアカウントの認証画面

これちらもしっかりGoogleアカウントの認証画面でGoogleのパスワードも盗まれちゃいます。

Amazonのログインって、各メールサービスのアカウント認証とは関係ないので、通常はこんな画面なしでログインできるはずなんですけどね。

いきなり警告!

Amazon あなたの答えを待って 詐欺 フィッシングメール

警告メッセージ

・・・で、ログインして突然の警告です。

なにか起こったんでしょうか?

個人情報を盗まれる!

Amazon あなたの答えを待って 詐欺 フィッシングメール

住所・氏名・クレジット情報の入力欄

詳しい事情はわかりませんけど、住所・氏名・生年月日、クレジットカード情報など個人情報をひたすら入力させられて終了です。

やめてくれ~~!

これ、入力すると個人情報がすべて詐欺サイトに登録されてしまうことになりますのでご注意ください。

登録してしまった!

ログインしたり、個人情報を入力してしまった方は以下の対応をお勧めします。

ログインした!

Amazonアカウント、およびYahoo!アカウント、Googleアカウントのログインをしてしまった場合、各アカウント・パスワードが知られてしまったことになります。

入力してしまったサービスのアカウント情報を変更することをお勧めします。放置しておくと不正ログインされて勝手に買い物されたり、パスワードを書き換えられて乗っ取り・なりすましの被害に遭う可能性もあって危険です。

クレジットカードを入力した!

カードは怖いですね。まずはカード会社へ相談してみましょう。

万一、不正利用が発生した際でもカードの盗難補償の対象となる場合もあるようです。

住所・氏名を入力した!

かんたんには変更できない個人情報を知られてしまった場合には対応が難しいですね。やにか嫌がらせ的なことがあるかもしれませんし、何が起こるかはわかりません。

もし何か起こった時には警察や消費者生活センターなど相談する場所はあると思います。

どこから情報が漏れた?

今回のメールに関しては、Amazonからの情報漏えいではありません。

いままで迷惑メールを送っていた相手が送信元を替えて送ってきただけのようです。

最初の時点で、犯人はメールアドレスしか知っていませんから、Amazonの登録情報や買い物履歴が洩れているわけではありません。

さいごに

Amazonからの通知メールを偽装したフィッシングメールをご紹介しました。

こんな感じの嫌がらせメールがたくさん届きます。

相手にせずゴミ箱に捨ててしまってOKですよ!

\ この記事はいかがでしたか? /

  • この記事を書いた人

ニィ

楽しく生きてる30代。雑記ブログ月15万PV。お仕事SE。Surface使い。甘党のブルダックレビュワー。

-迷惑メール

© 2020 誰かさんのタメイキ