迷惑メール

詐欺『AppIe ID、FaceTime、iCloud、およびiMessageへのサインインを、「John Gondrong iPad」という名前のiPad miniで行っていました。』迷惑メールに注意!

またまたApple IDからの通知を装った詐欺メールが届きました。

今回はAppleの各種サービスへ他人に不正アクセスされてしまったという内容です。

しかし、アクセスしてみると個人情報を盗み取る詐欺サイトでした。ご注意ください。

とりあえず、今回のメールは、

  • メール開封だけでは何も起きない!
  • URLクリックだけでも被害なし!
  • ログインして個人情報を入力したらマズい!

という感じです。

詳しく見ていきましょう。

AppIe ID、FaceTime、iCloud、およびiMessageへのサインインを、「John Gondrong iPad」という名前のiPad miniで行っていました。

Apple ID John Gondrong iPad 詐欺メール

自分のApple IDへ不正ログインされたという詐欺メール

件名: AppIe ID(メールアドレス)、FaceTime、iCloud、およびiMessageへのサインインを、「John Gondrong iPad」という名前のiPad miniで行っていました。
From: Apple
本文:

+ クリックで全部表示

AppIe ID (メールアドレス) 、FaceTime、iCloud、およびiMessageへのサインインを、「John Gondrong iPad」という名前のiPad miniで行っていました。

24 時間以内のあなたのアイデンティティを確認してくださいまたはあなたのアカウントは無効になります懸念のため安全性とアップル コミュニティの整合性のあります。あなたのアカウントを確認するのにには、このリンク https://appleid.apple.com/ を使用します。

誠に

サポート

私のアカウントID| サポート| 個人情報保護方針
Copyright コピーライトマーク 2020 AppIe ID Pty Limited Level 13, Capital Centre, 255 Pitt Street, Sydney NSW 2000, Australia.All rights reserved.

引用元:迷惑メール

なんか僕のApple IDにJohn Gondrongさんとかいう外国人に不正利用されたらしいです。iPad miniで。

でも安心してください。

これは詐欺メールなんですよ。実際には不正ログインもされていませんし、なにも起こっていませんので心配いりません。

メール本文のURLリンクは個人情報を盗み取る詐欺サイトへつながりますので、絶対にアクセスしないようご注意ください!

詐欺サイトはこんな感じ

まぁでも気になりますのでアクセスしてみました。

本物そっくりログイン画面!

Apple ID John Gondrong iPad 詐欺メール

Appleっぽいログイン画面

これ、本物と間違えちゃいますよね?

間違ってログインしてしまいそう。

とりあえず、メールアドレスとパスワードでログインしてみましょう。

警告メッセージが!

Apple ID John Gondrong iPad 詐欺メール

なにかを購入されたらしいです。

ログイン直後にいきなり「ご購入をキャンセルしてもよろしいですか?」と聞かれました。

Johnさんに勝手になにか購入されちゃったのでしょうか?

先を急ぎましょう。

個人情報を入力させられる!

Apple ID John Gondrong iPad 詐欺メール

氏名・生年月日・電話番号の入力。

ログインしただけなのにいきなり、氏名・生年月日・電話を入力させられるという面倒なことになりました。

続いて住所の入力も求められます。面倒ですね。

Apple ID John Gondrong iPad 詐欺メール

住所の入力欄。

クレジット情報を入力させられる!

Apple ID John Gondrong iPad 詐欺メール

カード番号の入力欄。

そして次はクレジットカード情報を盗み取られます。

この入力は危険なので絶対に避けたいところ。

とりあえず、入力してみたところ・・・

Apple ID John Gondrong iPad 詐欺メール

なに!? 支払いエラーだと…?

支払いエラーが表示されて、画面は最初の氏名・生年月日の入力ページへ戻されちゃいました。

何度やってもゴールへはたどり着けませんでした。。

・・・という感じで危険なフィッシング(詐欺)サイトですのでみなさんはご注意ください!

ログインしてしまった!

本物のサイトだと思ってApple IDやパスワード、個人情報を入力してしまった! という方は以下の対応を考えてみてください。

ログイン情報を入力した

メールアドレス・パスワードを入力してしまった場合はApple IDのログイン情報を変更することをお勧めします。

どうしてもメールアドレスを変更したくないという場合でも、最低限パスワードは変更しましょう。

また、同じメールアドレスとパスワードで利用している他サービスがある場合にはそちらも変更すると無難です。

クレジットカード情報を入力した

カード番号を入力してしまった場合は、まずカード会社へ相談しましょう。

カードの一時停止や再発行などの手続きも可能です。万一、不正利用があった場合でも盗難保険が適用される場合があります。

氏名・住所などを入力した

氏名・生年月日・電話番号・住所など個人情報を入力してしまった場合ですが、こちらは流出したからといって簡単に変更が難しい場合が多いと思います。

どんなことに利用されるのかは見当がつきませんが、電話や郵便物など注意した方が良いかもしれません。

情報はどこから流出した?

今回のApple IDの詐欺メールはAppleからの個人情報漏えいが原因ではありません。

詐欺相手はあなたのメールアドレスしか知りませんでした。氏名や住所などはわからないのです。

いままで何らかの迷惑メールを受け取ったことがあるなら、その犯人が送信元を変えて送ってきただけだと思います。

さいごに

Appleからの警告メールを装ったフィッシングメールをご紹介しました。

こういうの流行ってるみたいなので安易にクリックせず、公式サイトから状況を確認するようにしましょう。

みなさんも注意してくださいね。

\ この記事はいかがでしたか? /

  • この記事を書いた人

ニィ

楽しく生きてる30代。雑記ブログ月15万PV。お仕事SE。Surface使い。甘党のブルダックレビュワー。

-迷惑メール

© 2020 誰かさんのタメイキ