生活

【2018年】Bluetoothワイヤレスイヤホンのおすすめ9選。

投稿日:2018年8月5日 更新日:

ブルートゥースイヤホンの最大のメリットはワイヤレスでコードが邪魔にならないということです。最近のワイヤレスイヤホンはコード付きイヤホンとほとんど変わらない音質で音楽を楽しめるのでおすすめです。

今回は厳選したBluetoothイヤホンについてご紹介します。

最近のBluetoothイヤホン事情


iPhoneでもイヤホンジャックがなくなるなど、ワイヤレス化が進んできていますね。

少し前まではワイヤレスだと音質が悪いとか言われていましたが、最近のワイヤレスは音声伝送の技術が向上しているため高音質で聴けるイヤホンが多くなってきています。

スマホやPC側でSBCやaptXなどのコーデックで圧縮して伝送し、イヤホン側で圧縮を復号することで高音質での再生が可能となりました。

ワイヤレスイヤホンの良いところ

  • コードが荷物に絡まない
  • 室内を自由に動き回れる
  • 運動中の音楽にも最適
  • フリーハンドで通話できる

イヤホンのコードがないだけでかなり便利になるので、まだコードレスイヤホンを試したことがない方はチャレンジしてみてください。

おすすめBluetoothイヤホン9選

各メディアなどで話題のイヤホンから個人的におすすめなものをピックアップしてみました。

TaoTronics TT-BH07

3,000円程度でそこそこの音質を求めるならおすすめのイヤホンです。

低価格機種でありながらaptXコーデックに対応しているため、高音質サウンドが楽しめます。軽防水仕様のため、多少の雨や汗でも気にする必要はありません。耳周りのカナルもすっきりしているためスポーツ中でも邪魔にならないのがいいですね。

リモコン部分にマイクが内蔵されているので、スマホでワイヤレス通話も可能です。

  • aptX・SBCコーデックに対応
  • IPX5防水設計
  • Bluetooth4.1
  • CVC6.0ノイズキャンセル技術
  • 最大5時間の連続再生・通話可能

TaoTronics TT-BH026

同じく米TaoTronicsのイヤホンです。先に紹介した「TT-BH07」の類似モデルです。音質的にはaptX対応ではないようですが、通常のA2DP標準コーデックに対応しています。

こちらはAmazonではかなり評価の高いモデルの一つです。基本的には先のモデルと同等の仕様ですが、2時間の充電で最大8時間という長時間の音楽再生が特徴。

イヤホンにマグネットが入っているので、使用しないときは首にかけてネックレスのようにくっつけておけます。

  • Blutooth4.1
  • IPX5防水設計
  • 耳周りもすっきり
  • 最大8時間の連続再生・通話可能
  • CVC6.0ノイズキャンセル技術

Anker SoundBuds Sport NB10

IPX5防水対応のため、雨の日のランニングにも利用できるスポーツ向けのイヤホンです。

電源を入れると自動で接続してくれます。イヤホンだけで再生・停止・音量調整ができます。バッテリー残量をiPhoneなどから確認することも可能となっています。

スポーツ用ではない同シリーズのAnker SoundBuds Slimも低価格ながらかなりの人気機種です。

  • IPX5防水規格対応
  • Bluetooth4.1対応
  • エクササイズやランニング中も外れにくい
  • 最大6時間の連続再生可能

オーディオテクニカ ATH-CKR55BT

aptX/AAC/SBCコーデックに対応していて高音質での音楽再生が期待できるイヤホンです。

長めの最大7時間の連続再生が可能。小さめひかえめデザインですっきり見えます。クリップ部分がネックの後ろにあるので、使い方によっては邪魔になるかもしれません。

街や電車の中でコレを使っている人は良く見かけますね。

  • 高音質aptX/ACCコーデック対応
  • 最大7時間の連続再生に対応
  • Bluetooth4.1対応
  • 待受最大200時間
  • 襟元にバッテリーケースを固定するClip-Onスタイル

オウルテックOWL-BTEP12

高音質aptXコーデックIPX7の強力な防水機能が特徴のイヤホンです。

ミドルクラスの中でも、高品質のaptXとiPhoneなどがサポートするAACコーデックに対応するなど音質にこだわったイヤホンです。

一定時間水没しても内部に浸水しないIPX7という高い防水性は他にはない魅力です。

  • apt/AACコーデック対応
  • IPX7防水設計
  • 2時間充電最大8時間再生
  • 急速充電で10分の充電で約1時間再生可能
  • CVC6.0ノイズキャンセル機能

Beats by Dr.Dre Beatsx

Apple製品とも親和性の高い人気のBeatsです。クリアかつ低音も効いた本格的なサウンドが楽しめます。

アップルW1チップ搭載の省電力設計のため、最長8時間の再生が可能です。急速充電にも対応しており、5分の充電で約2時間の再生が可能など、うれしい機能も充実しています。RemoteTalkケーブルは、音楽再生や通話のほかにSiriを起動させることも可能。

デザインもスタイリッシュなネックバンドタイプなのがオシャレですよね。

  • 45分充電で8時間の連続再生
  • 5分充電で約2時間再生
  • iOS/Android対応
  • かんたんにワイヤレス接続が可能

Apple AirPods

Apple純正の完全ワイヤレスイヤホン。最初こそ「え!?」というデザインに思えましたが、慣れるとかわいく見えてきます。

ケースから取り出すと自動的にイヤホンがオンになり、iPhoneやMacなどと接続されるという魔法のようなイヤホンです。耳への着脱をセンサーが感知して音楽の再生が始まり、外すと一時停止します。

AirPodをダブルタップすればSiriが起動。プレイリストの再生や音量の調節などが行えます。ポケットからiPhoneを取り出す必要がなくなります。

1回の充電で5時間の再生が可能で、充電ケースを使えば最大24時間の再生が可能となり、充電切れのストレスから解放されそうです。

  • シンプルで洗練されたデザイン
  • 自動で電源オン、耳での装着で自動で音楽再生
  • 1回の充電で5時間再生、2時間の通話が可能
  • 充電ケース使用すると24時間以上の利用が可能

SONY WF-SP700N

SONYの完全ワイヤレスイヤホン。人気の2017年モデルWF-1000Xの後継機です。

IPX4相当の防滴仕様で汗や小雨などでも利用できます。スポーツシーンにもおすすめです。デジタルノイズキャンセリング対応で音楽に集中できます。

4種類のカラーに合わせた充電ケースで本体を最大2回充電でき、ケースから取り出すと自動でBluetooth接続されます。NFC対応スマホやおサイフケータイ対応Androidならワンタッチで接続可能です。

  • IPX4の防滴対応
  • デジタルノイズキャンセリング機能
  • 最大2回充電可能な充電ケース
  • 高音質AACコーデック対応

Pasonomi TWS-X9

Amazonで人気の完全分離型イヤホン。分離型の中ではかなり低価格です。

Bluetooth5.0対応の高速転送が可能で、他の完全分離モデル同様にケースから取り出すと自動で電源オン、自動でBluetooth接続が行われます。

AACコーデック対応で高音質での音楽再生が可能。IPX7の完全防水のため水洗いも可能です。1回の充電で4時間の再生が可能、充電ケースで最大18回充電できるため、トータル72時間使えるパワーバッテリーとなっています。

  • AACコーデック対応の高音質
  • Bluetooth5.0対応
  • IPX7の完全防水仕様
  • 1回で4時間の音楽再生、最大72時間利用可能

さいごに

今回は個人的におすすめなBluetoothワイヤレスイヤホンについてご紹介しました。

高音質で安定性を重視するなら高価格モデルを選ぶ必要があるかもしれませんが、低価格のモデルでも利用しやすいイヤホンは多いです。

まだワイヤレスを体験したことがないのであれば、ぜひ一度チャレンジしてみることをおすすめします。すごく便利ですよ。

  • この記事を書いた人

ニィ

楽しく生きてる30代。雑記ブログで月14万PV。お仕事SE×ブロガー×甘党なのに激辛好き×なるべくキレない二児の父。

-生活
-, ,

Copyright© 誰かさんのタメイキ , 2018 All Rights Reserved.