不動産営業

元不動産営業女子に聞く「マンション投資の電話はなぜ突然に複数社からかかってくるのか?」

投稿日:2018年7月24日 更新日:

マンション投資の電話勧誘を行う不動産業者が増えています。安定した家賃収入と節税対策ができるなどのメリットがあり、投資ビジネスとして若い世代から注目されているためです。

しかし人気の裏側では、興味もないのにしつこく勧誘されたり、断ったのに何度も営業されるなど苦情が多いのも実情です。

そもそも、なぜ自分のもとにマンション投資の勧誘電話がかかってくるの? なぜ複数社から電話がかかってくるの? という疑問を抱いている方もいらっしゃると思います。

さて今回は、そんな「なぜ?」に対する1つのアンサーを不動産業者に勤務していた経験をもつ不動産投資コンシェルジュのなあさんにお話しを伺ってきました。

不動産投資のお悩みコンシェルジュ


今回お話を伺ったのは不動産投資会社での勤務経験をもつ、なあさんです。不動産営業でお悩みの方のお役に立ちたいという思いから、今回の記事作成にご協力いただくことになりました。

不動産投資のメリットや疑問、困っていることなどに答えてくれる素晴らしいアドバイザーです。

なあさん自身が不動産投資の電話営業やテレアポを行っていた経験があり、「なぜ自分のもとに勧誘電話がかかってくるのか?」「なぜ複数社から電話がかかってくるのか?」といった疑問に対して、そのしくみをわかりやすく教えてもらいました。

不動産投資営業のお仕事

はじめに、なあさんが以前勤めていた不動産業者では、どのようなお仕事をされていたのかを伺いました。

わたしが勤めていた不動産投資の会社では、一般個人に投資用の不動産物件を販売するという業務を行っていました。わたしは事務で採用されたはずだったのですが、入社してみたらテレアポ営業をやることになっていたんです。
なあさん
ニィ
それは大変でしたね。テレアポ営業というのは具体的にどのようなものだったのですか?
名簿業者から買ったリストを見て、ひたすら企業へ電話をするという仕事です。営業トークをするわけではなくて、あくまでリストに載っている人がその会社にいるかどうかの確認作業ですね。
なあさん
ニィ
個人の携帯電話や自宅ではなく会社へ電話をかけるんですね? 僕も会社に不動産の営業電話がかかってきたことがありました。あれは名簿リストに僕の名前があったってことなんですか?
実はそうでもないんですよ(笑)
なあさん

なあさんの勤めていた会社では、名簿リストを見ながら企業へ電話をかけるスタイルのテレアポ営業を行っていました。

一見すると、リストに載っている顧客宛に電話をかけるという通常のテレアポですが、自分宛ての電話があったからと言って必ずしもリストを見て電話しているわけではないとのことです。

「なぜ自分のもとに?」顧客を作り出す「カナ出し」

名簿屋のリストは情報が古いことが多いので、電話しても目当ての相手がいないことも多いんですよ。そういうときは、似ている名前の人がいないか当てずっぽうで聞いてみるんです(笑)
なあさん

リストには氏名・企業名・所属部署・電話番号などの情報があるようですが、名簿情報が古いため目当ての人が既に退職している場合や他部署へ移動になっていて、電話口にはいないことが多いそうです。

しかし、リストの人がいないからと言ってそこで電話を切るわけではありません。そこから誰か別の顧客情報を得るという方法をとるようです。

たとえば、ヤマダさんという方宛に電話をして相手がいなかった場合、「ではヤマモトさんもこちらではなかったですか?」と苗字の似ている人が他にいないか確認してみるということでした。

「ヤマモトは外出中です」などと返ってくれば、ヤマモトさんはその企業にいるということがわかります。このようにして、現在電話のつながる相手の情報を聞き出していくのです。

「カナ出し」と呼ばれる作業で、わたしの会社では1日8時間勤務で新規の名前を200人近く聞き出していました。
なあさん
ニィ
200人ですか、すごい量ですね。

「カナ出し」とは、名簿屋から買ったリストに電話をして、新たに名前を聞き出し、その企業で今働いている人の情報を入手する作業のことです。

新しくカナ出ししたリストは、テレアポから営業さんに渡します。営業さんがリストの相手へ不動産投資の営業をかけていくという流れになります。
なあさん

言ってみれば、テレアポはきっかけ作り。リストの人がダメでも、電話のつながる営業対象者の情報をカナ出しすることが業務上重要だったそうです。

「意外に気づかない?」電話口のなりすましも


営業さんはカナ出しで入手した相手へ電話をしますが、アポイントがとれず断られるケースが多いようです。たとえアポが取れた場合でも商談途中で断られてしまうケースももちろんあります。

ニィ
断られそうになった場合、相手へはどのようなアプローチをするのでしょうか?
いろいろ手を尽くしますよ(笑)
私がダメでも、話のうまい先輩にこっそり代わって私のフリして話してもらうとかも普通にやりました。
なあさん
ニィ
え!? 先輩がなあさんになりきって電話するんですか? 相手にバレないんですか?
それが案外バレないんですよ(笑)
私も最初はバレないかドキドキしたんですけど、電話口だと意外に気づかれないんですよね。
なあさん

突然電話口の相手が代わってしまったら相手は気づくような気もするのですが、慣れない営業電話に高揚している顧客にとっては同じ女性の声であれば気にならないのかもしれません。

近くに男性しかいない場合や、女性でもあきらかに声質が異なる人しかいない場合には、上司に代わりますと言って電話をかわるようです。

「なぜ複数社から?」繰り返される営業電話

さまざまな方法で数回営業をかけても断られてしまった場合、それ以上にしつこく営業することはないと言います。では、断られてしまった顧客の個人情報を他社へ売ってしまうとうこともあるのではないでしょうか? 気になったので聞いてみました。

断られても会社にとっては大切なお客様の個人情報です。顧客情報をほかの不動産会社へ売ることはしません
なあさん
ニィ
そこはしっかりされているんですね。
一度断られた相手へは、数日~数ヶ月あけて別の会社名と名前を使ってまた営業電話をかけるんです。
なあさん
ニィ
え? そうなんですか? 最初の不動産会社とは関係ない、新規の不動産営業を装って電話するってことですか??
そういうことです。それも断られたら、別の営業さんに渡して、また別の会社名を使って新規の営業をかけていくんです。
なあさん

数日の間に複数の不動産会社から営業電話が来る場合がありますが、驚いたことにこれは1つの不動産会社の営業マン達が架空の会社名を名乗って何回も新規で電話をしてきているということだったのです。

同じような方法で業務を行っている不動産会社がほかにあるのかどうかはわかりませんが、なあさんの会社ではそのスタイルで営業をしているとのことでした。

これは1つのケースです。短期間に複数の営業電話があった場合でも、別々の企業からそれぞれ営業をかけているというケースもあります。すべてにこのパターンが当てはまるわけではありませんのでご注意ください。

結局、不動産投資ってどうなの?

ここまで、不動産投資会社の裏側についてお聞きしてきましたが、実際のところ、不動産投資ってどうなのかを聞いてみました。

ニィ
不動産投資って怪しいイメージなのですが、実際はどうなんですか?
怪しいですよね(笑)。でも不動産投資自体は正当なビジネスですよ。 不動産投資はメリット・デメリットがありますが、やらないにしても一度しっかりとお話しを聞いてみる価値はあると思います。
なあさん
保険も付いていますし、節税も本当にできる。家賃収入もある。住む人が見つからなくても、会社がお金を負担してくれるなど細かいメリットを上げればきりがありません。
なあさん
ニィ
そうなんですね。
ただ、わたし自身は営業するのにとても抵抗があって、相手に合わせすぎてすぐ謝って電話を置いたりしていたんです。
なあさん
それで、わたし自身も自宅に営業電話がかかってきたことがあったんです。どんなにいいお話でも、あまり良い気持ちがしなかったんですよね。断る方の気持ちがよくわかったんです。身をもって体験してから、この仕事をやめることにしました。
なあさん
ニィ
そんなことがあったんですね。営業のお仕事は苦労が多いですよね。今回は貴重なお話しをありがとうございました。

さいごに

今回は、不動産投資コンシェルジュのなあさんに「なぜ不動産投資の営業電話がかかってくるのか?」などについてお話を伺いました。

この内容がすべての不動産投資会社に当てはまるとは限りませんが、このような形態の会社もあるということです。

まったく心当たりがないのに会社に突然電話がかかってきた場合は、このパターンである可能性もあるかもしれませんね。

おしらせ

不動産投資の営業電話でお困りの方は、お悩みコンシェルジュのなあさんに相談してみましょう。

具体的な対応は難しいかもしれませんが、その対処法やアドバイスなど回答可能な範囲で相談に乗ることができると思います。

お困りの方は、当ブログのお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。企業名や個人情報を含まない一般的な内容に関しては記事のコメント欄からの投稿でも構いません。

なあさんに相談する

  • この記事を書いた人

ニィ

楽しく生きてる30代。雑記ブログで月14万PV。お仕事SE×ブロガー×甘党なのに激辛好き×なるべくキレない二児の父。

-不動産営業
-,

Copyright© 誰かさんのタメイキ , 2018 All Rights Reserved.